開発事業

開発事業部では、配水池のロボット(潜水士)調査・清掃、水道管内の不断水カメラ調査、
水道管内の洗浄、水環境保全装置の開発などを行っています。

水道管内カメラ調査

施工内容

管内調査カメラで、道路下の水道管に断水を行わず有圧条件下でカメラを挿入し、
管内の「堆積物の状況」「スケールの付着状況」「管の劣化状況」や「異物の混入」など、
カメラの映像による確認を行っています

不断水管内調査カメラ

不断水管内調査カメラ

仕様

  • 対象口径

    75~800mm

  • 最大使用圧力

    1.0 MP

  • 動作環境温度

    0℃~40℃

  • 挿入口

    呼び径 75mm以上

  • カメラヘッド

    自動水平機構

  • ヘッド径

    30mm

  • モニター電源

    AC100V

  • カメラケーブル径

    8mm

  • ケーブル長さ

    40m

施工方法

施工方法

既存の地下式消火栓や空気弁のボール式補修弁を介してケーブルを押し込み、管路内に内視鏡カメラを挿入します。挿入箇所が無い場合でも、サドル分水栓(φ50mm)を介して挿入が可能です。
※調査可能範囲は上流、下流方向へ30m程度となっております。

施工事例

施工事例
  • 調査個所

    ○○町○○地区

  • 管種

    硬質塩化ビニール管φ75mm(φ65mm)

  • 挿入口

    φ75mm×75 T字管補修弁口

  • 調査範囲

    L=30.0m(上流)

施工事例
このページの先頭へ戻る